札幌の税理士|会計事務所|会計・税務・節税・会社設立・相続のことならあすか税理士法人

あすか税理士法人 / ASUKA Tax accountants'Co.
TEL:0120-116-690

職員案内 / Staff Plofile


ブログ
顧問税理士 石原 泰 日本大学商学部卒 出身地:生まれは小樽市、その後本州の地を転々とし、中学から札幌市

これまでの経験をいかし、多くの方の不安やお悩みを解消できるよう精一杯サポートします。

伊東祐生先生

生まれは小樽、その後、親の転勤で本州の様々な地を転々とし、中学入学後より札幌に在住。東京の大学を卒業後、1981年から2018年3月まで札幌国税局に勤めた。同年8月、あすか税理士法人の一員に。個人事務所を持つほか、あすかでは顧問税理士として主に相続・資産税のチームのアドバイザーとしての役割を果たす。税の仕事としての経験は長いものの、税理士事務所に勤務するのは初めてで、今度はクライアントの立場になり、法の中で最適な制度を利用して経営を発展させる方法を考えるという、国税局勤務時代とは逆の立場になるため、これからも様々な知識の吸収が必要と考え、お客様にも、そして同じように働く税理士や職員のアドバイザーとしても、迅速で適切な対応ができるような「良きクロコ」となりたい、と話す。夏はテニスやゴルフ、冬はスキー、ホッケー、カーリングなど、スポーツが趣味。

内部のアドバイザーとしての役割が大きいので、お客様と直接お会いする機会は少ないかもしれませんが、あすかの一員として、多くの方の不安やお悩みを解消できるよう精一杯サポートしていきたいと思います。経験が長いのは資産税の分野ですが、法人税や所得税の分野での経験もあり、様々な分野を担当していたので、十分なアドバイスができるかと思います。お悩みを本当の意味でクリアにしていくためには、税の一端の知識だけでなく、幅広いお話ができなければならない。そういう意味で、私の経験と知識をいかすことができてありがたいという気持ちでいます。

業務の実績

  • 国税局では、30代前半の3年間、国税不服審判所に勤務。いわば税金に関する裁判所のような存在で、税務署の処理で不服があった場合に裁判の前段階として、裁判官的な立場で税務署の処理は正しかったのかどうかを判断する仕事。国税局職員の中でも1%ほどしか経験できない仕事で、自分たちの組織における判断が本当に正しいのかを客観的な立場から判断する貴重な経験が、税理士という今の仕事で大いに役立つと感じている。

得意とする分野

  • 相続対策
  • 税務調査

セミナーのお申込み・ご相談はこちらから

  • お電話でのお問い合わせはこちら
    TEL:0120-166-690
  • フォームでのお問い合わせはこちら
    お問い合わせフォームへ
  1. 料金のご案内
  2. 税理士のご紹介
  3. あすか税理士法人について

サービス案内

税理士紹介

  • 川股 修二
  • 加藤 知子
  • 米田 明広
  • 斯波 悦久
  • 岩下 誠
  • 名尾 圭子
  • 中野 研
  • 伊東 祐生
  • 岩崎 新
  • 武田 直
  • 石田 政士
  • 濵野 潔
  • 石原 泰
  • 田中 晃二

PageTop